親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

旅行

西成散策②

三角公園をぶらぶらと歩くが、漂うゴミの腐敗臭に堪らず降参。よくよく確認をすると、ゴミ処理場があり、ゴミ収集車が数台停まっていた。この辺りの住民は、ほぼホームレスらしき人達だった。


AD101A72-D0DA-4D3F-BABE-B0E0957B8EFB



入居をしたら、宝くじが10枚貰えるアパート。


A30EE1ED-C8C3-4748-AEAA-801C8AD78197



三角公園の近くに、一人鍋で有名な、なべやがあった。今度、やまきに行った後、ここで牛すき焼きを食べてみよう。雨が降ってきたので、足早に駅に向かう。


95268FF6-683F-4EDB-9617-8EE8571DF922



シャターが締まった、あいりん地区の職業安定所。


762CC4D0-F23E-46DB-8198-2209F3FD8E85



今夜のシェルターを求めて、17時前から長蛇の列が出来る。


5E728D86-15F6-423A-87E7-1D9331A0661D



次に西成に来る時は、年号は令和になっている。街も変わるだろうか?

夏休み7日目 西成旅行4日目

8時30分に起床。部屋の鍵を返却し、1000円札を受け取る。自販機で100円のジョージア2本を購入し、1本は一気飲みをし、もう1本はゆっくりと味わう。

早朝から開いている1000円カットで散髪。プラス400円を出し、シャンプーもして貰う。

JR新今宮駅から、JR難波駅へ。地下鉄なら180円であるが、JRなら120円という安さである。

難波でモーニング。


image



780円と、西成のモーニングと比べて倍以上の値段であるが、安全性、居心地、味、空調の快適さを考慮すると妥当な値段と思える。いや、下手をすれば安いか。



昨日に撮った写メ


image



何でお前が来るねん!と暴言を浴びせ続けるモンスター利用者と、謝り続ける、訪問介護員。優秀そうな介護員であったが、彼はじきに辞めるだろう。


image



介護員17万、看護師26万〜という求人案内。西成という場所柄、ピンハネをしそう。


西成の街は飽きた。ひらパーのプールは目の保養にはなるが、全身が日焼けをして軽度の火傷状態である。もう、西成旅行も卒業や。


夏休み6日目 西成旅行3日目②(やっぱり怖い西成の街)

炎天下の中、西成の街を徘徊。こういう時には、50円自動販売機が非常に役立つ。
ガラガラの朝鮮店の前でよく冷えたお茶をゴクリと飲む。丁度日陰になっており、その場に座り込む。
そこへ、ホームレス風のおじさんが話し掛けてくる。
内容は、亀田3兄弟、辰吉丈一郎、赤井英和は俺が教えたといった噴飯物の内容。そして、急に立ち上がりシャドーボクシングを始める始末。その後は、スチュワーデスが何故キャビンアテンダントと呼ばれるようになったか、自分はドイツ語を話せるとかいった正直、嘘臭い話。そして、自分はマンションに暮らしているといった、どう見ても怪しい話。

おじさんの相手も飽きてきて、じゃあ用事があるのでと言い、立ち上がる。まだ話し足りなさそうなおじさんが、何の用事かと聞くので、冗談交じりで薬を探していると答える。急に真顔になったおじさんは「付いて来い」と顎でしゃくる。

いや、良いですよ と俺。おじさんは有無を言わさない様な顔付きで俺の肩を掴む。そして、2人でマンション内に入る。マジでマンションに暮らしてやがる。

エレベーターで5階へ。扉が全開になった部屋には、汚い靴が何足も脱ぎ散らかしてあった。おじさんがその部屋を覗くと、数名の男のお疲れ様ですという声が聞こえるが、顔は確認出来ない。

「どうした、入らんかい」さっきまでの口調と全く違う。

「いや、やっぱりいいです」と俺。

「何や、怖気づいたんか?それならいね!さっさといなんかい!」と般若の様な顔付きで怒声を浴びる。

俺はすみません、と言いながら全速力で階段を駆け下りた。


image



写真を乗っけて大丈夫かなあ。このマンションの5階。部屋番号は覚えていない。薬なのか、タコ部屋なのか、それともヤ●ザの事務所なのか?ヤ●ザの事務所なんてVシネマでしか見た事が無いから何とも言えないが、ただ一つ言えるのは、興味本位で下手に首を突っ込んではいけないという事。もしかしたら監禁をされていたかもしれないし、違法薬物を買わされていたかもしれない。もしくは、身ぐるみを剥がされていたかもしれない。逃げて大正解であった。


ドヤに戻り、水シャワーで多量の汗を流す。エアコンをガンガン効かせた部屋で発泡酒を一気飲み。ただのホームレス、或いは支離滅裂の酔っ払いと余裕をかましていたら、このザマである。嫌悪感と安堵感が入り混じり、溜息を吐いた。俺は一体何をやっているのだろう。1人で遊郭巡り、遊園地のプール、そして密売人探し。ひらパーのプールはカップル、友人同士、家族連ればかりであった。本来ならば、遊園地なんぞは子供を連れて行くべき場所ではないか?


罪悪感も加わり、自問自答をしていたら、うつらうつら。気が付いたら20時であった。5時間の睡眠…もう一度、風呂に入り、シャワーを浴びる。しかし、風呂場にいた先客が嫌な咳を連発していたので、結核に罹患でもしたら堪らないと思い、浴室からすぐに出る。

朝にモーニングを食べたきりだったので腹が減っていた。かといってジャンジャン横丁や、通天閣付近まで歩いて行くのは正直、億劫である。なので、ドヤの斜め前にある難波屋という有名な立ち飲みに行こうとしたが、労務者風の客ばかりで混雑をしていた。入るのに勇気がいる。いや、正直に言えば、入る勇気が無い。


仕方なく、動物園前商店街の普通のお好み焼き店に入店。勿論、入店前に客層を確認した。


image



至って普通の味。


image



値段は安い。

もう、西成は充分である。明日は昼前には帰る事にした。

夏休み6日目 西成旅行3日目

10時30分に起床。ドヤの冷蔵庫に冷やしておいた缶コーヒーを飲もうとしたが、何故か凍っており、断念をする。
昨日に入った喫茶店のモーニングは11時までなので、軽く寝癖を整えてから、ドヤを出る。今日も日差しが強い。また、昨日のひらパーのプールで日焼けをしたので全身に熱が篭っている感覚。

300円のモーニングを平らげ、お会計を済ませると、昨日のありがとうございましたから、行ってらっしゃいの声掛けに変わった。

まずは職業安定所を冷やかす。場所柄、何人もの手配師がすぐに声を掛けてくる。

「兄ちゃん、仕事を探している?現金?契約?」

「仕事はしていますが、一応探してます」と話を合わせる。

「何の仕事?土木?警備?鳶?鉄筋?」と食い付いてくる手配師。


「ディサービスセンターこすもすの看護係長です」

「何や!冷やかしかい!」




となりそうだから、まあ普通の土木施工です と答えておいた。

名残おしそうな手配師とバイバイをして、職安を出る。


image



職安の前には、フロントガラスに求人案内が貼られたエルグランドやらの高級車が多数停めてあった。日雇い作業者からピンハネをした金で買うのだろう。元締めはヤクザ。何故なら、声を掛けてきたのは、皆そんな顔をしていたから。


今日は西成の危険地域を歩き、西成の薬物事情に足を踏み入れたい。



夜に続く。

夏休み5日目 西成旅行2日目

10時に起床。連泊である為、店の人は起こしに来なかった。
ドヤを出て、自販機で缶コーヒーを探す。勿論、1缶130円のぼったくり缶コーヒーではなく、1缶60円の缶コーヒーである。
目に付くのはサンガリアのコーヒー、知らぬメーカーのコーヒーばかり。クソ不味いのは確かである。以前、サントリーボスが60円で売られていたが、今は80円になっていた。60円の自販機を探していたら、満面の笑みを浮かべた怪しげなおっさんが話し掛けてくる。

「兄ちゃん、仕事を探しているんか?」

手配師であった。それにしても俺が兄ちゃんとはw俺はおっさんだし、手配師の方が若干、若そうに見えた。
気温が36.5度近くの今、現場仕事、それもピンハネをされて日給8000円くらいでは割に合わない。

「いや、私はこう見えて、ディサービスセンターこすもすの看護係長です」



と言おうとしたが辞めた。



缶コーヒーを諦め、自販機横にあった喫茶店でモーニング。


image



これで驚きの300円!流石、西成価格。これは明日も行こう。

京橋まで出て、そこから、京阪線に乗り換える。枚方市駅に、関西大学医学部と付属病院があってびっくりした。めちゃくちゃ大きい。まあ、あそこで働いている看護師はエリート中のエリートだろう。


image



ひらパーに着いた。


image



園内は閑散としていたが、プールだけは大盛況。それにしても、若い女の子のビキニが際どすぎる。正直、飛田新地の遊女よりもエロかった。


今から、飲みに行く。尚、昨日はアメ村の味穂で飲んだので、西成ではまだ一滴も酒を飲んでいないのだ。

記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ