親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

家を買う

桜が散り始める頃に入居(r0🅰d +O →マイホームまで後4日))

マイホームの近くの桜並木が満開でした。今週の日曜日がピークらしいので、ホットモットの幕の内弁当なんぞを持って、花見に行きたいですな。

2年間、住んでいたアパート…隣人の名前すら分かりません。一応、入居前に挨拶をし、相手側も名前を名乗りましたが、交流もなく、忘れてしまいました。引越し先では新参者になるので、前から住んでいる住民と、溶け込むように努力をしなければいけません。

自分の8畳の部屋…シンプルにしたいですな。アパートで使っている32インチのテレビ(看護学生時代に購入をしたので6年落ち)と、テレビラック、テーブル、小さな冷蔵庫、座椅子、新しい布団一式と後は大きめのマットレス。今は、畳の上に敷き布団を敷いているので、身体の節々が痛くて仕方がありません。こちらの総予算は約5万円であり、自分の負担です。マットレス、布団一式はニトリで。小さな冷蔵庫は、家電を購入した同じ量販店で。こちらは、多額の家電を購入をした事を盾に、値下げの挑戦に頑張りたいですな。


R☆@d 十o →マイホームまで後6日

入居日が1日伸びて、7日になった。7日…友引の日…まあ、7日は簡単な家の掃除をして、少し荷物を運ぶ程度にしようと思う。

表札であるが、前の住民がマイホームの思い出として、どうしても譲って欲しいという訴えがあり(本来は現状引き渡しの為、表札なんぞも私の所有物扱いとなる)取り外しの工賃を支払って貰う事で合意をした(表札は凄くお洒落なのである)

不動産売買契約書によると、前の住民には、築浅である為、未だ2600万円近い住宅ローンを抱えている様子。なので、私の住宅ローンと合わせての約3000万円を元夫婦で分け合ったり、住宅ローンの返済にあてるものと思われる。つまり、今現在のアパート、マンションの家賃を払いつつ(実家に戻っているかもしれないが…)住んでもいない家の借金を、今後も支払っていくと予想をされる。何にしろ新築で4500万円近い物件を手放したのだから、マイホームを持つ事はもう無いのではと推測をする。その気持ちを思えば、一世一代で建てたマイホームの表札は、思い出として、前の住民に渡してあげるのが一番良い選択である。


また、不動産屋では、消費税なんぞも値切り、当初の予定金額の税込86400円を税込65000円にして貰った。それでも高い気がする。もしかすれば、不動産屋が少し位、ピンハネをしているのではと疑ってしまう。表札は今からを発注をし、製作、取り付けとなると、向こう3週間は前の住民の表札のままである為、ダンボール等で名前を書いて貼付をするしかない。

何はともあれ、マイホームの手続きは完了をした。後は、今のアパートが今月末まで居住権があるので、休日に少しずつ荷物を運び出し、掃除をしていきたい。敷金の16万円から、一家が、焼き肉店で食事が出来る位のお金が戻って来れば万々歳である。

®o@D To → マイホーム まで後6日

役所にて住所の変更をし、新住所の印鑑証明を3通、新住所の住民票を2通、世帯全員の住民票1通を得る。それらと届け印、残りの1428万円を銀行に支払った。と、同時に1400万円の借金を背負った。これで、ようやくセキスイハイムの家を手に入れた。しかし、まだ先方の表札なので、当初の予定通り、先勝の6日に入居をする事にした。

借金を背負ったが、プレッシャーは感じていない。これが、例えば頭金無しの、3000万弱の住宅ローンなら、月々の返済は10万オーバー、ボーナス月は40万オーバーとかになりそうだが、実質は、住宅手当が無くなっても、アパート時とそう変わらない。


🏡


マイホームを手に入れた訳では有るが、新たな家問題が発生をした。それは、実家の事である。父親は、先祖代々から守り抜いてきた家を、手離すのはおろか、他人に貸すのも駄目との事。貸し家にすれば、家賃収入として5万円位は取れそうだが…まあ、実家の土地に家を建て変えるなら、1500万円もあれば充分でしょう。何とか自分も、息子の為に家の資金援助をしてやりたいですな。

家を買うには恐ろしくお金が掛かる

朝から近所へ引越しの挨拶回り。その後、ニトリへ家具を買いに車を走らせる。途中、モスに寄り、昼食。注文を終え、テーブルで待っていると不動産店から着信あり。

「表札の件ですが、規定により、皆さんと同じ物を作成する必要があります。また、前の住民の方の表札を外し、新たに作成をした、めちこ様の表札を取り付けるとなると、工事費込みで、約80000円必要になります」との事。あまりの高額請求に思わず絶句…しかし、表札を変えない訳にもいかないので、渋々了承をする。

運ばれてきたバーガーを頬張りながら、今度は、セキスイハイムと積水ハウスはどちらが格上であったか不安になり、スマホで確認をする。

ネットでの情報によると、セキスイハイムは工場で組み立てた物を大型トラックで運び、現場でクレーンで吊るし上げて組み建てる方式。言わば、納期は早いがその分、強度に欠ける。一方、積水ハウスの方は、一から現場で組み建てる方式。当然、納期は遅いが、強度は増すといった塩梅。

まさに泣きっ面に蜂の状態で、モスバーガーを食べる。折角のモスもマック以下の味…

何とも言えない重い気持ちのまま、ニトリに向かう。ニトリの家具は物が悪く、リサイクルショップでも買い取りを拒否する云々の記事を読んだ事があるが、ところがどっこい、みな、高めの設定であった。ここで、妻に寝具は別として、箪笥や、テーブルなんぞはリサイクルショップの中古で充分ではないかと提案を試みるが、あえなく却下をされる。家具や、飾り付け、食器棚といったものは、妻の好きな様にしても良い代わりに、家電製品と同じくお金は負担をして貰う。

家を買うと言う事は、当然ながら、家の料金だけで無く、諸経費や、仲介手数料、家具、家電、アパートの退去費用、引っ越し料金などで400万円は飛んでいくという、恐ろしい買い物です。

待ち遠しい我が家(®o@d →マイホーム)

深夜の1時に仕事が終わり、帰りがてらにマイホームに寄る。おうおう煌々とライトが付いてますな。


image


前の住民も大変ですな。住んでもいない家の電気代や、セコムの料金を支払って。まだ抵当権が俺になっていないから、俺には支払いの義務はないさかいな。

田舎と言えども、一等地。中古と言えどもセキスイハイム。そんじょそこらの工務店が建てた家とはモノが違うさかいな。

アパートに帰って、酒を飲みながら思案する。今現在の家賃が60000円。住宅手当が23000円。差し引き37000円で住んでいる事になる。持ち家になると、住宅手当は支給がされないが、年末にいくらか控除で戻ってくる。で、月々の住宅ローンが、30000円程。断然、2LDKの賃貸よりも、5LDK+2Sのマイホームがお得じゃねぇか(夏冬のボーナス月に100000円、毎年の固定資産税に100000円程が必要だが…)

image


1600万(30年の金利を含む)なんて借金の内に入らんわ。俺にはまだ、隠し玉を用意しているでな。まあ、隠し玉は使わずに娘と息子に残してやりたいですな。


別れた夫婦が愛し合っていたであろう、8畳の部屋を、俺の部屋にするからな。そこで、夫婦の鬱憤を晴らすべく、龍が如く0のゲームをするさかいな。


記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ