親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

いざ妻の実家へ

広島への帰省を終えて

まあ、最終日のインチキキチガイ朝鮮玉入れが無駄でしたね。50銭とは言え、まだ頭にきてます。ロト6や7が外れても頭に来ないのに、朝鮮玉入れの激アツを外すと頭に血が登るのは何故だろう。

俺が思うには、そうやって朝鮮連中はキレやすい人間を作りあげているのでは無いだろうか?昨日の負けは、今からポイントサイトで取り返す。

image


ピカドンを落としたアメリカ人の観光客が多い。
ピカドンよりも更に強力なテポドンを所有している朝鮮に資金調達をしてはいけない。

image


やっぱり、広島焼きにもマヨネーズは必要です。


広島4日目(尾道散策)

尾道市に連れて行って貰いましたが、広島市から距離にして約80キロと、随分と遠かったです。

image


どうやら、近くに四国へと渡る事が出来る、しまなみ海道があるようです。今日の目的は、それではなく、尾道という町並みを散策と尾道ラーメン、猫だらけの寺が目的です。しかし、その猫だらけの寺というのが、こんな場所…

image


城跡付近にあるみたい。ロープウェイも有りますが、折角なので歩いて登ります。

image


こんな坂道、階段がずっと続きます。途中で普通の民家があったりしてびっくり。小1時間程登ってようやく頂上に到着。当然ながら汗でビッショリ。

image


ここから、猫が沢山いる寺は近く、途中は招き猫や、看板が沢山置かれた、通称猫通りを抜けて寺に向かいます。しかし、この通称猫通り…段差があり、狭い下り階段が続いたので、ここは娘を抱っこして降ります。

image


叩くと一箇所だけ音が変わるという岩。しかし、危なっかしい。いずれ、誰かが転落をする事故がありそう。

image


お寺付近では、小さな参拝所が密着しており、雰囲気的には京都を思わせます。


適当に入った尾道ラーメンの店が有名店だったらしく、店内にサイン色紙が。半分が地元のプロレス団体のレスラーの色紙の中、新品のオメガを付けて海に潜り、お宝探しという快挙をやってのけた金子くんの色紙を見つけた時は思わず吹いてしまったわ。


image



ラーメンに詳しくないので、断言出来ないが、背脂が入った醤油ラーメンで麺はちぢれ麺。後ろに座った、美人の類に入る若い女の子が1人で大盛りを食べていました。


かき氷を食べる予定でしたが、めぼしい店がなく、ジェラート店に。これが大当たり。みかんや桃のアイスが疲れた身体に染み込んで行くような感覚。

image



夜は紙屋町のパーラータイヨーの絶狼をどつき回す予定でしたが、夜に義父としこたま飲んだので、行くのが億劫になってしまいました。広島まで来て、インチキキチガイ朝鮮玉入れをする必要は無いか。まあ、負けたつもりで、明日は土用の丑の日なので、うなぎ弁当でも買い、帰りの新幹線の中で食べようと思う。


広島3日目(娘の七五三)

まずはソレイユに行って、娘と息子の写真を撮る。150枚程撮ってから、10枚位に絞り、その写真の中からアルバムや、写真立て、写真入りキーホルダー、全写真のDVD-Rを作成。総額約5万円成り。自分でデジカメやスマホなんぞで写真を撮り、それをプリントアウトをすれば5千円位で済みそうだが、衣装を借りたり、プロが撮るのだから料金が高いのだろうね。


image



その後は義姉の双子を観に行ったり、妻子と義両親で駅前を散歩。パチンコメーカーの広島支店があったり、マツダスタジアムがあったりと、やっぱり都会だわ。夕食は広島で1番美味しい広島焼きの店に連れて行って貰ったんだけど、実はこの店、2回目なんだよね。

image



1度目は、看護学校の受験の時に1人で食べたんだよ。当然、名店とは知らずにね。広島焼きにはマヨネーズは邪道らしく置いて無かったよ。それでも美味しかった。イカ天をトッピングにしないと美味しく無いような気がするわ。

image



明日も何処かに連れて行って貰うが、昼ごはんくらいは自分がお金を出そうと思うよ。

広島2日目(呉市のプール)

みずほか、こだまか、ひかりか、さくらか知らんが、新幹線の始発の音で目が醒める。
おそらく、熊本か、福岡行き。5分間隔で出発をしているのではないだろうか?

☀️本日は朝から快晴。

image


呉市のプールに連れて行って貰う。チューピープールとは違い、女子高生やカップルなど1人、1組もおらず、目の保養には全くならず。

夜は焼肉屋でご馳走になる。

image



飲み放題で泥酔…吐かなかっただけマシ。

広島1日目

妻の仕事終わりを待ち、父親に駅まで送ってもらう。在来線と新幹線を乗り継ぎ、約1年振りの広島に着いた頃には疲労感でヘトヘト。

image



妻の実家は、広島駅近くの最上階マンションなので、ベランダから、新幹線を眺める事が出来ます。

記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ