仕事が変則勤務であり、1日に16時間も働く勤務日がある。つまり、1日で2日分を働くのだ。その為、必然的に月の休日も多くなる。今回は4連休だった。とは言っても、特にやる事は無く、1日は大阪で顔のシミ取り、残り3日は家に引きこもってゲーム三昧という塩梅であった。
ゲームも昔みたいに5時間6時間ぶっ続けでプレイをする元気もない。また、行き詰まったら、すぐにネットの攻略を頼ってしまう。
今、プレイをしているゲームは死神の遺言という、龍が如くと逆転裁判を足して割った様なゲーム。これがまた面白い。主人公がキムタクであり、彼を操作し、風俗店に行ったり、コンビニの店内を破壊したりとすこぶる良い。まあでも2月の初旬にはクリアが出来そう。

で、クリア後には一体何をすれば良いのか?変わり映えの無い日々。プロレス、玉入れ、ゲーム…何も成長をせずに歳だけを重ねていく。やっぱりあれか、子供達ともっと遊んだり、コミュニケーションを図るのか。そういえば、俺の父親はよく遊園地に連れて行ってくれた。琵琶湖タワー、神戸ポートピアランド、宝塚ファミリーランド…今は全て無くなったが、思い出は残っている。

クラウドワークスで稼いだ金がまだ残っている。勿論、今年も副業として僅かであるが稼ぐつもり。暖かくなったら、何処かに連れて行ってあげようと思う。