だらしない、整理整頓ができない、ミスが多い、ストレスに弱い、刺激が多い道を選ぶ、モノを無くしやすい、金銭の管理が出来ない、遅刻が多い、不器用、危険な行為をする、計画・準備が困難、仕事が完成しない、退屈にたえられない、気分がかわりやすい、気ぜわしい、不安感、鬱、心配性、目標に対しての達成感が感じられない、かんしゃくもち、怒りっぽい、マニュアルに従うのが苦手、自尊心の低さ、不正確な自己認識、対人関係に一喜一憂しやすい、暴力行為をおかしやすい、アルコール中毒や薬物中毒になりやすい、しゃべりすぎる、手足を無意味にそわそわ動かす、順番を待つことが苦手である…


上記はADHDの症状を抜粋

うーん、11個も当てはまる。こりゃ確定っぽいかな。

今日はそんな自分が講師となり、患者さんの家族に統合失調症の講義をする。テキストには、統合失調症を発症するリスクは、100人に1人という確率(甘デジ並み)で、生まれ育った環境や、親の遺伝は無いと書かれている。いや、遺伝はあると思うよ。今まで実際に親子共、揃っておかしいのを見てきたからさ。

統合失調症の症状は、ADHDよりはるかに重く(ここでは面倒なので書かないが…)発症は、男性なら35歳がピークなので、自分は大丈夫。統合失調症を患っている看護師なんていないと思うがね。
今は夜勤中。講習会の夜に行く、神戸南京町の中華オーダーバイキングで尚且つ飲み放題の店を同僚と探しているよ。