私小説であるが、纏まりつつある。どの文学賞に応募をするかはまだ未定だが、芥川賞に繋がる賞に応募をせんと意味がないわな。

又吉氏の野郎で笑った事は一度も無いが、奴は高校時代にはサッカーの国体に出たりと、スポーツが万能。それに加えての今回の芥川賞受賞。言わば、文武両道みたいな天才野郎。こちとらは、スポーツは苦手で、勉強も苦手という目を当てられないような存在。しかし、又吉氏の野郎に勝っている事が一つある。それは、キチガイである事。又吉氏の野郎が、芸人初の芥川賞受賞なら、俺は、キチガイ初の芥川賞受賞じゃ(西村賢太先生も、キチガイみたいだが…)

image


エロと純文学なんて、大して変わらんよ。