尾道市に連れて行って貰いましたが、広島市から距離にして約80キロと、随分と遠かったです。

image


どうやら、近くに四国へと渡る事が出来る、しまなみ海道があるようです。今日の目的は、それではなく、尾道という町並みを散策と尾道ラーメン、猫だらけの寺が目的です。しかし、その猫だらけの寺というのが、こんな場所…

image


城跡付近にあるみたい。ロープウェイも有りますが、折角なので歩いて登ります。

image


こんな坂道、階段がずっと続きます。途中で普通の民家があったりしてびっくり。小1時間程登ってようやく頂上に到着。当然ながら汗でビッショリ。

image


ここから、猫が沢山いる寺は近く、途中は招き猫や、看板が沢山置かれた、通称猫通りを抜けて寺に向かいます。しかし、この通称猫通り…段差があり、狭い下り階段が続いたので、ここは娘を抱っこして降ります。

image


叩くと一箇所だけ音が変わるという岩。しかし、危なっかしい。いずれ、誰かが転落をする事故がありそう。

image


お寺付近では、小さな参拝所が密着しており、雰囲気的には京都を思わせます。


適当に入った尾道ラーメンの店が有名店だったらしく、店内にサイン色紙が。半分が地元のプロレス団体のレスラーの色紙の中、新品のオメガを付けて海に潜り、お宝探しという快挙をやってのけた金子くんの色紙を見つけた時は思わず吹いてしまったわ。


image



ラーメンに詳しくないので、断言出来ないが、背脂が入った醤油ラーメンで麺はちぢれ麺。後ろに座った、美人の類に入る若い女の子が1人で大盛りを食べていました。


かき氷を食べる予定でしたが、めぼしい店がなく、ジェラート店に。これが大当たり。みかんや桃のアイスが疲れた身体に染み込んで行くような感覚。

image



夜は紙屋町のパーラータイヨーの絶狼をどつき回す予定でしたが、夜に義父としこたま飲んだので、行くのが億劫になってしまいました。広島まで来て、インチキキチガイ朝鮮玉入れをする必要は無いか。まあ、負けたつもりで、明日は土用の丑の日なので、うなぎ弁当でも買い、帰りの新幹線の中で食べようと思う。