近所のガキが、家の目の前でサッカーボールを蹴りあっている。推測をすると、横の家のガキと、前のガキ。小学3、4年生位の男のガキ。

たまに蹴り損なったボールが、俺様のタントカスタムに当たっているじゃねぇか!それでも気にする事なく、パスのラリーを続けるガキども達。

瞬時に、怒りが沸点まで到達。ガキども達に罵声、怒声を浴びせようとしたが、何とか思い留まった。

ガキに罵声、怒声→ガキ達が親に話す→新しく引っ越しをしてきた一家は危険→娘、息子が仲間外れにされる可能性大。

冷静さを失いつつある頭の中で、そこまで予想をし、何とかガキ達を怒鳴りつける事を抑えれた。しかし、ガキ共よ。俺様のタントカスタムに傷を付けたら、親に弁償をさせるからな。


ガキが大嫌いなのに、自分達の子供の成長を考えて、ガキが多い地域に家を買ってしまっ
た。派手な格好のお陰で、怖そうな人が引っ越しをしてきたイメージがあるが、俺様の車や家、娘、息子に危害を加えたなら、鼻っ柱に膝を叩き込むさかいな。言わば、俺様は、ニュースで33歳の母親を、1歳の息子の前で刺⚫️をしたおっさんと同類の人間やさかいな。そこんとこを明日からガキ達に見せつける。と言っても、派手な格好をして威嚇っぽい雰囲気で、ラリーの最中に真ん中にゆっくりと散歩をするくらいやけどな。


夜は、多額の住宅購入祝い金を貰った母親達を誘い、割烹懐石へ。写真は無理を行って作って貰ったお子様ランチ。


image


下手すれば、殆どが冷凍食品の昨今、お子様ランチと言えども、全て手作りであった。