仕事終わりに家に寄る。家具家電一式が、10日にならないと揃わないので、まだ生活が出来ない。

アパートに戻り、玄関先でご飯を食べる。アパートには一応、リビングがあり、テーブルと椅子があるのだが、2年間、全く使用をしなかった。そもそもリビングが6畳と狭く、また、テーブルの上には炊飯器だの、トースター、はたまた調味料といった類が置かれており、食事が出来る状態ではない。

食器の後片付けを終え、妻子が寝ている隣の部屋に移り、胡座をかいて通帳を眺める。3000万円という数字。父親からの援助金は、通帳から通帳へと移され、銀行から融資されたお金も振り込みなので、当然ながら現金を見る事が出来なかった。


image


金利の安い10年間に、今の年収位は貯金をして、それを繰り上げ返済したいですな。