病院見学のお礼状を書いた。その後、准看の教務に手紙を書いた。
何故、今頃准看なのかと言うと、病院の面接に、准看の修了証書も必要であるから、再発行の手続きをしたのだ。
准看護学校を卒業後、5年以上も経つのに、メールで問い合わせると教務から、温かな長文の返信があった。なので、お礼の手紙を書いたのだ。
准看、進学コースとともに問題児であった自分。どちらの学校も嫌で嫌で仕方が無かったが、担任だけには恵まれていた。
次の職場を頑張る事で恩返しをしたい。