今週も日曜出勤。前の病院は、日曜祝日に勤務をすると、僅かながらの手当てが出たのだが、今の病院には一切ない。その他の、住宅手当や、世帯主手当も一切ない。驚いたのは、土日しか交通費が出ない事。看護師になっても、河本の親が受給をしていた生活保護に満たない賃金…働いたら負けというのが何となくわかる気がする。

 職場の年配の看護師が、一年生の男の学生にキャーキャーと言っている。確かに若く、男前だが、息子くらいの年齢の男なのに、ある意味凄いなと思う。自分はというと、黄色い声援が全く飛ばなくなった。これが、兄ちゃんとおじさんの差なのだろうか。
 来月から病棟移動をしてくる2年生の女の子が挨拶にやってきた。今風では無く、ぽっちゃり体系の、どちらかというと野暮ったい感じの女の子だ。しかし、自分はこういった女の子の方が気兼ねなく話せるのだから不思議だ。