親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

2018年06月

香川県児相からの返信

目黒区5歳女児虐待事件における児相の怠慢をクレームの送付から約3週間あまり。ようやく香川県の児相から返信が有った。

以下、全文。


メール拝見いたしました。

本県で関わりのあった5歳の船戸結愛ちゃんが亡くなられたことは、
大変残念であり、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
本県では、平成28年8月に西部子ども相談センターが通告を受け、
二度の一時保護を行った後も、面接や関係機関との情報共有を通じて関わりを継続していました。

この事案につきましては、
「児童虐待の防止等に関する法律」に基づき設置する、
第三者委員会において検証を行うこととしております。
事件の現場となった東京都のみならず、本県においても
検証を行うことで、再発防止に向け必要な対応を考えてまいります。


今後、改善できる内容については、
このような悲劇を二度と繰り返さないためにも、早急に取り組んでまいります。
また、県警や関係機関との一層の連携・協力を行い、児童虐待の早期発見、早期対応に万全を期してまいります。  



------Original Message------
差出人:"香川県 ご意見・お問い合わせページ"
宛先:e-kodomo@pref.kagawa.lg.jp
CC:
件名:ご意見・お問い合わせページからの投稿
日時:2018年06月06日(水) 22:31(+0900)
>【ご意見・お問い合わせの内容】


ちなみに、目黒区の児相からは何の返信もなし。

目黒区の児相はクソである。

ヤフオクのキチガイとの対決

ヤフオクで出品をしていた商品が3件の落札があった。これは4月初旬の話。しかし、落札をされた3件とも取り引きまで終了せず、3件とも悪い評価をつけられてしまった。

3件の悪い評価なら、−3が付くが、評価は−1のまま。つまり、同一人物が、複数のIDを取得し、3件を落札、3件とも悪い評価を入れる。つまり、嫌がらせである。

しかも、タチが悪い事に、4月の出品分なのに、毎週のように、文面を変え、悪い評価を入れ直すせいか、常に最新の評価に、こいつの悪い出品者です という評価が一番前に来るのである。

こいつの住所を調べても〇〇県〇〇市〇〇町とまでしか記入をされておらず、電話に至っては、音声による着信は拒否という設定になっている。

ちなみにこいつのIDは、aoiharuma iikuni〇〇〇〇〇〇である。なので、Cメールから罵詈雑言を送信した。


106D7BB7-7D29-41DC-ADC0-217688AA2FAA



aoiharuma iikuni〇〇〇〇というアドレスから、青い春馬良い国と予想。

ついでにヤフーカスタマーセンターに、いたずら入札の件を報告した。

これでもし、また俺がヤフー停止中になったら、ヤフオクは辞める覚悟でいる。

目黒区5歳女児虐待事件②

目黒区5歳女児虐待事件の真相や、新たな情報を見て、さらに心が痛む人が多いのではなかろうか?特に、同じ様な年頃のお子さんを持つ人なら尚更だと思う。

驚いたのは、雄大容疑者と鬼母との間に実子がいた事である。ゆあちゃんにとっては弟になる が、その男の子には虐待は一切無かったとの事。

実子には愛情を注いでいた雄大。
実子と3人だけで外食に行き、その間は1人で軟禁をされていた、ゆあちゃん…

香川県から、目黒区に来てから虐待が激しくなったらしい。香川県の児相は、ある程度は仕事をした様子だが、品川区、目黒区の児相は役所仕事で結局は何もせず。
奴ら(東京都の児相の職員)は、連日放送をされる、この痛ましい事件のニュースをどう見ているのだろうか?

今回の虐待事件は、例の、ゆあちゃんの両親に宛てた手紙が波紋を呼び、芸能人もコメントを出している。それほど、悪質な事件である。東京都はこの事件を境に変わる事が出来るだろうか?


刑務所内では、実子殺しや、性犯罪といった類の受刑者は、殺人や強盗といった受刑者に相当虐められるらしいから、雄大と鬼母は、壮絶な虐めに遭って欲しいね。後、こいつらの実子も施設に預けられるのだろう。鬼母にとっては、2人の子供を失うのか。まあ、自業自得。というか、●●して欲しいね。どーせ、10年くらいで出所して、生活保護を受給するだろうから。

虐待死の5歳児 手紙に おねがいゆるして

悲惨な事件がここ最近は続いているが、一番許せないのは、虐待による幼児への殺人事件である。 特にこの事件。


 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。同日発表した。

死亡の5歳、ノートに「おねがいゆるして」両親虐待容疑

目黒の5歳女児死亡、父親を傷害罪で起訴 東京地検
捜査1課は、結愛ちゃんが毎朝平仮名の書き取り練習をしていたノートの内容の一部を明らかにした。両親に許しを請うような内容で、鉛筆で手書きされていた。雄大容疑者から平仮名の練習を命じられていたという(原文より)

早朝4時に叩き起こし、平仮名の練習をさせる。
食事は1日1回のみ。
本来なら守るべき母親も助けてくれない。

まさに地獄。

この鬼畜どもは、おそらく10年くらいで出所をし、当然、真面目に働く事もしないだろうから、下手をすれば、生活保護を申請。勿論、生活保護費は税金から支払われる。

許されないのは、鬼畜だけでは無く、行政もだ。香川県の児童相談所は、病院から痣の報告があったにも関わらず、保護を放棄。

転居をした目黒区では、訪問をしたにも関わらず、子供と対面をせず。

これは、立派な仕事放棄。高給取りの癖に、コイツらも税金泥棒である。なので、苦情を入れておいた。


目黒区児童相談所には、これ。


EABC7E5F-3A51-4220-B0F2-634B11E2DBC7



香川県の児童相談所には、これ。


34E7D996-9303-4E30-AD4B-076A14E7CC21



普通の5歳児なら、親に手紙を書くなら

ママ、パパ、いつもありがとう

パパ、おしごとがんばって

あかん、書いてたら、また腹が立ってきた!

記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ