親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

2013年11月

1パチ終焉の日(終焉の日開始)

夜勤明けで行きました。一睡も仮眠を摂らずに馬鹿ですな。もう1円でも無理やわ。何故なら、夜勤手当が安いから、パチンコに行って負けたら、何の為に命を削って働いたのか分からんから。

准看護学生時代は、2年間で3、4回しか行かなかったけど、進学コース時代にパチの火が点いてしまった。実習中とかにも行っていたな。パチンコの時間を勉強に充てていたらと悔やまれる。

あ〜何で行ったんやろ。急にスイッチが入ってしもうた。これが依存症やな。

あ〜娘と約束をしたのにな。俺の馬鹿。

いや、まだ遅くない。今からでも間に合うはず。もう1円は行きません。50銭なら行くかも…
これからは勉強をします。

リベンジ連休

日勤の仕事を終え帰宅。夕ご飯を作り、酒を飲む。今日は深夜入りだが、不思議と憂鬱感は無い。何故なら、夜勤明けは再び連休であるからだ。やるべき事は色々と有るが、明日に全てを済ませ、今度こそは価値ある休日を送らなければならない。

連休の満足度は50点

事務室で、免許証の原本を渡した後、少し早めのランチを食べに行く。その後、無性にパチンコがしたくなり、20日振りに行ってしまう。いつもは満席に近い店だが、今日は客が少なくいつもの活気がない。嫌な予感。
マックス台には手をつけず、ミドル、ライト、甘を打ち散らかす。どうしてもオカマは掘られるね。いつもながら厳しい勝負。しかし、最終的には7時間遊んで−1400円だったので勝ったみたいなもの。雑念、悩みが眩しいばかりのフラッシュと確定音で吹き飛んでくれた。しかし、いつも辞める辞める詐欺。ストレス解消がこれしか無いのが現状である。
パチンコ中に妻から今日は歓迎会があるから食事を済ませてとメール。なので、2日連続のすき家、3日連続の牛丼を食す。1人で入れる店があまり無い為の苦渋の選択。有線から流れる、名も知らぬ女性ボーカリストの歌声に心を癒される。帰って娘の相手をして午前2時頃に就寝。

正午に起床。何処かに遊びに行くかと妻を誘うも悪阻の為休みたいと言うので、娘と2人で実家に行く。父親に遊んで貰って上機嫌な娘であった。これからも、ちょくちょく遊びに行かないとね。

汚れた経歴、汚れた免許証

私は今回の転職にあたって、少なからず経歴を誤魔化した。つまり、経歴詐称である。当然の如く、そういった嘘はすぐにバレるものであり、事務係から真意を問う連絡が、入職をして2週間後にあった。その際に、私は本当の事を告げた後に謝罪をした。
特にお咎めもなく(看護師不足のおかげか…)その後も病棟勤務をこなしていた。
2日前…またしても事務から電話が掛かって来た。今度は、准看の免許証と看護師免許証の現本を提出をして欲しいとの事だった。入職後の書類提出で、コピーをした免許証を提出したにも関わらずである。
いくら鈍い私でも真意は計り知れる。つまり、経歴詐称をする人間だから、何もかもが疑われているのだ。

看護師免許証はすぐに見つかった。しかし、准看の免許証が見つからない。私が経歴詐称をしたのは、准看護師になって以降である。原本が見つからないとなれば、コピーをした際はどうしたのか、あるいは、本当は留年をしたのでは無いか等、あらゆる疑いの目が向けられるのは必須である。挙句、必要が無い准看護師免許証の再発行で、10000円近くの出費…冗談ではない。
アパートを探し見つからず。実家で探しても見つからず。やっぱりアパートだと確信をし、僅か20分程で見つける事が出来た。僥倖と言える。
看護師免許証は、父親が立派な賞状入れで飾っていてくれた。しかし、これが、なかなか上手に外れない。僅かな力加減で、ガラスにヒビが入ってしまう。
こうなれば、もう手遅れで、癇癪の導線に火が付いた。呪詛を呟きながら、ガラスに何度も何度も拳を叩きつける。痛みは感じない。ガラスを粉々にし、免許証を引っこ抜く。救出をしてやったぞと満更でもない表情で頷いて、父親の好意を台無しにした自分の嫌悪感を何とか振りほどく。
准看の免許証と、看護師免許証を持ち、病棟内を歩く。服装は、上は汚いジャージに、下はビリビリのダメージジーンズ。頭は寝癖でボサボサ。無精髭は伸びっぱなし。およそ看護師には見えない風貌。白衣を着ている時には、すれ違う度にお疲れ様ですと医師に頭を下げる私だが、今日は完全に無視をしてみる。向こうもどうせ自分の顔を知らないだろうし、覚えていないだろう。それに今日はプライベートだからなと独り言ちて満足をする。
総務課の前まで来て、そっと履歴書を確認してみた。赤い血筋が一本付着している事に気付き、思わず自分の手を見てみる。流血をしていた。ガラスに何度も拳を叩きつけたので、その際に切れてしまったのだろう。途端に痛みが襲い掛かって来た。裂傷の痛み。それよりも大きな、父親の好意を台無しにした、何とも言い難い強い痛み。後悔の念と、何を今更、免許証の原本の提出を求めるのだという、怒りの先をすり替える、いつもの自分勝手な怒り。
ああ、俺はそうだよ、いつもこんな感じだよ。経歴も汚れているから、免許証も汚れるわなと自嘲をする。出血をした手を乱雑にジーパンでぬぐい、苦笑いを作り笑顔に変えて総務室の扉をノックする。

昨日吉牛、今日すき家

13時に食パン2枚とカップスープの朝昼兼用の食事を摂り、16時から仕事。夕食の食事介助時に、空腹でお腹が鳴った。受け持ち患者さんは、自分と同い年。今まで高齢者の食事介助ばかりだったが、まさか同級生をするとはね。統合失調症って、割りと身近な病気だから、発症が高い、思春期の観察が重要だね。
仕事終わりに、すき家で食事。味噌汁が熱過ぎてなかなか飲めない。牛丼を食べ終えた後にようやく飲めたわ。
記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ