親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

2013年02月

行き当たりばったりの計画

  昨日はショックを引きずりながら、ネットで職探しをした。今回、面接で落とされた病院も、まだ看護師の募集をしていた。通年、看護師不足で人員の募集を掛けている病院。そこが駄目だったという現実…
 「給料が馬鹿みたいに安いから、内定を蹴った」

 今日、職場で仲の良い看護師に言い放った。そして頭の中で思考をする。師長に勤務の延長をどう言おうかと。またどういう理由にするかを(勤務延長といっても1週間だけだが…)
 次の職場が決まってから退職届を出す。これは基本中の基本である。ましてや妻子がいる身である。行き当たりばったりの計画はものの見事に崩れるものだ。
 地元にこだわる必要は無いかとも思う。実家から1時間先に精神科がある。そこに面接に行ってみようか…

鳴らない電話

 面接に行ってから早1週間が過ぎた。病院から一向に電話が鳴らない。こういう時は、何となく分かるのです。早速、郵便受けを見てみた。有った。面接先から送られてきたA4サイズの封筒が。封を開けずに、太陽の光に透かして見ると、送付した履歴書が見えます。不採用でした。少しショック…いや、かなりショックかな。うーん、どうだろう。給料面に不安が有ったし。自分でも採用、不採用は半々だと思っていたから。昔、まずい辞め方をした場所だしね。

 それで、当初予定をしていた計画を大幅に修正をする必要が出てきた。まずは来月20日での退職を31日まで延ばして貰い、失業保険の給付条件を満たす。その上で、失業保険の申請を行い、故郷へまずは一人で帰る。病院、施設を面接し、雇用が決まったら、近くのアパートを借り、実家に一時帰宅をしている妻子を呼び寄せる。

 うーん、なかなか難しい…

北町貫多と多少重なる自分

 5連休後、日勤、日勤、夜勤だった。今月は明日が休みの後、5日勤をしてから再び夜勤。連休を取ると後がきついわ。頼むから年休を付けてくれよって感じ。
 最近は西村寛太先生の私小説がお気に入りだ。主人公の北町貫多のクズっぷりが何となく自分と重なり、貫多の理不尽さ、屁理屈に思わずにやけてしまう。新作が出ていないかと思い、アマゾンで調べると、まだ読んでいない本が有ったので、中古本を5冊注文をした。芥川賞を受賞した「苦役列車」の映画版も観たいなあ。早くテレビでしないかな?
 今は独身生活中。帰省の際にプラチナを売ったので、財布の中は余裕で有り余る。明日は美味しい物でも食べに行こうかな。

帰省最終日(あっという間の5日間)

 宿泊をしていたサウナを10時にチェックアウト。昨日立ち寄った、ままごとの店舗に寄り、ハンバーグ、オムライスといった食材玩具を購入。1つ1つがかなり良い値段…店内をよく見ると、ケーキや野菜といった玩具、冷蔵庫まで有った。これらを全て集めようと思います。これで糞みたいなパチンコが辞めれそうです。
 行きと同様、さくらに乗って広島に戻る。妻の実家に行き、5日ぶりに娘と対面。やっぱり娘の笑顔が一番のストレス解消に繋がるよ。
 気になるのは妻の看護師国家試験の結果。必修さえ大丈夫だったら、合格だと思うのだけど…

帰省4日目(大阪探索)

 朝早く家を出て、高速バスでまずは難波に出る。まずは郵便局に立ち寄り、キットカットのレターセットを購入。妻への国家試験合格へのメッセージを書き込み、投函。しかし、届くのは18日との事。
 昼飯はお好み焼き。ご飯と一緒に食べているのは俺しかいない。梅田に行き、そこから阪急電車に乗り換え、十三に。業者にプラチナを売りさばく。
 次に向かったのは、動物園前。いわゆる、西成のあいりん地区。ドヤのほとんどが福祉アパートになっていた。危険地域の三角公園まで始めて足を伸ばしてみる。ホームレスばかり。飛田新地の方に行こうかなと思ったが、風が冷たくギブアップ。西成を後にして、もう行く事はないだろうと感じた。
 なんばウォークのマザーガーデンで、幼児のおもちゃの範囲を超えた、おままごとキッチンという代物を衝動買い。値段が何と20000円。持って帰ることができないので、取りあえず実家に送ったが少し早すぎるかも。

こちら→   http://item.rakuten.co.jp/mg-mail/441-49300/

 その後は大阪プロレスを観戦。こちらは2000円で内容たっぷり。笑いあり、感動あり、驚きあり。他の観客と一緒になって選手の応援をした。2000円で、こんなに楽しめるなんて。
 レスラーと一緒に写メを撮りたかったなあ。小さい子供もいっぱい来ていた。また行きたい。

記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ