親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

2013年01月

アパート探しにも疲れてきた

 昨日、問い合わせた物件は満室との返信が有った。今日は2件の物件に問い合わせをした。1件目、敷金礼金0、家賃42800円、駐車場1台3200円、水道代(固定)月4000円、2DK、全室フローリング、エアコン2台。築17年、田舎。
2件目、礼金5万円、家賃35000円(一台の駐車料金、水道代含む)、2DK、築33年、街中。
ネットだけでは情報が分からないので、面接で帰省をした際に実際に見てこようと思う。

 病院では、卒後一年目を迎えるにあたり、自分の看護感について、レポートの提出を求められた。何を今更…同級生はほとんど辞めるのに、病院を去る人間に、書かせる意味が有るのだろうか。

住む所を決める

 ここ最近の日課は、3月からのアパート探し。一番良いのは、府営住宅や市営住宅であるが、現住所がまだこちらである為、入居は難しい。なるべく新生活に掛かる初期費用は押さえたい。敷金礼金で一か月分の給料が飛ぶなんて馬鹿馬鹿しい。なので、頑張って探しました。敷金礼金0円、2DK、車2台駐車可能(駐車代は家賃に含む)、水洗トイレ(今は汲み取り式である為、これだけは譲れない)風呂(シャワー付き。今は湯船しかない)築7年で家賃39000円。で、早速問い合わせてみた。この物件に全ての望みを掛けます。



   出てきた免許証。自分が持つと紛失をするので、しっかり者の娘に預けます。再紛失の可能性100%。
                         130128_2018~01
その後、よくよく目を通すと、築20年、修繕積立金75000円、火災保険料20000円、保証金20000円掛かると判明。場所も不便なので、取りあえず、候補の一つとした。

寒く厳しい海

 朝方4時過ぎまでゲームをし、8時半に起床。車で1時間先のクリニックに行き、まずは眠剤を処方をしてもらう。このクリニックは甘く、強い眠剤でも出してくれる。次にイエローハットに向かい、カーナビを見る。10年前に購入をしたナビは故障をして使えない。方向音痴の自分は、来月、実家まで高速に乗って帰ると言えど、ナビ無しでは不安なのだ。幸いにも、ポータブルナビというのが有り、そちらは安いので購入をしようかと思っている。その後は海に行きました。甘海です。隣台に座った、知らないおじさんと話しながら6時間程、遊ばせて貰う。厳しい海だったが、最後に大波が来る。終わりよければ、全てよしと言ったところか。本当は良くないのだけど。
 まぁ、こっちで遊ぶのは今日で最後だね。
 

思わず「お~」っと大声を上げる

 昼過ぎに起きて大掃除。探し物ついでに、いらない物といる物に仕分けをする。馬鹿みたいに出てくる、教科書以外の看護系の本。全てアマゾンで注文をしたもの。全く役立たずの上に、引っ越す上でお荷物となってしまった。
 自分の寝室、妻と娘の寝室を片付けた後、一階の部屋を散策。諦めかけた頃に出てきました、運転免許証と健康保険証。いやぁ、今回は長かったですね。正直、ビビりました。
 その後、ネットで新居を探す。築20年で700万の中古マンションが有った。7階部分で、部屋からは海が一望できる。ローンも賃貸の家賃と変わらない。しかし、広さは2LDKで、今は良いけど将来的に狭そうだ。それに、修繕積立金、管理費、駐車場代で月に2万円程掛かってしまう。そもそもローンが組めるかどうかも怪しいのに。
 明日は3連休最後の日。2日間引きこもっていたので、1人で遊びに行く予定。大阪王将の餃子無料券の期限も近くなっているので持ち帰りをし、餃子パーティでも開こう。

利用者との接し方

 夜勤が終わり、取りあえずのんびりとしている。今月は6回も夜勤が有った。夜勤手当、残業手当、看護師資格手当だけで、看護助手さんの手取り月給を超えそうな感じ。その割には夜勤の度に、助手さんから菓子パンやジュース、カップスープを貰っているけどね。
 それにしても毎回、おむつを外し、尿汚染をする利用者ってなんなんと思う。それも一時間おきに繰り返す。漫画さながらにシーツに世界地図みたいに尿の濡れ。そのくせ、こんな歳になって辱めを受けるなんてと泣き出す。まあ、いつも嘘泣きなんだけど。
 認知症の利用者はわがままで自分勝手、暴力暴言を平気でやる。平気で看護者を傷つける。こんなのを相手にしていたら、そりゃ、看護師は性格がきつくなるっていうのもうなづける。利用者の一言一言に傷ついていたら仕事なんかやってられないから、ある程度の距離を置いて、仕事と割り切って接しなければいけないのかと思う。
記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ