親の背中を見ずとも子は育つ

食欲、物欲、性欲、睡眠欲…ザ、煩悩の塊です。 もう背伸びはしません。 これからは、自分に正直に生きたい。

2011年10月

相手にしなければいいだけ

 一昨日、嫌味のメールを送ったクラスメート。今日は覇気が無く、学校に来るなり机に伏せっている。私と同様に、奴を良く思っていないクラスメート(女)と二人して「泥棒は最悪。正直死ねばいいのに」「能面面が良く似合う」等、席の横で、聞こえよがしに話す。その後、奴は早退。後から知った話だが、熱が40度近くあったようだ。正直、奴とは一緒に祭りに行ったり、食事に行ったりと仲が良かった。その分、仲が悪くなると、憎さが増す。しかし、一回り以上下の女に嫌味をネチネチと言っても、自分の株が下がり(そもそも最安値ではあるが)小さな男にしかならない。嫁が奴と話さなかったら良いだけである。攻撃はもう辞めておこう。

面白くない事が多すぎる

 例のクラスメート。ようやく相手をせず、無視をしているのに気付いたか、今日は距離を置いてきた。しかし、見ていて腹が立つ行動が多い。このブログを書いている最中に、奴の行動を思い出し、再び怒りが沸いてきた。そのクラスメートのアドレスは以前、消去をしたのだが、自分の携帯から、わざわざ奴の送信履歴を探り出し、嫌味なメールを送りつけた。大人げないなと反省はしてみたものの、自分の性格からして一生治らないだろう。

広島とY町の観光地対決

 (広島)土曜日、早朝から一人で広島の平和公園へ散歩に向かう。嫁は広島大学に用事が有るという事で、別行動だ。朝の公園には人が数名しかおらず、ひっそりとしている。17時位まで、街をブラブラしたり、50銭パチンコをしたりして時間を潰す。夜になり、嫁と合流をする為、再び、平和公園へ。夕方になると、観光客や、犬の散歩をしている人、ジョギングをしている人たちで公園も賑やかだ。50銭パチンコでの戦利品のお菓子を山ほど抱えて、平和公園の銅像前で嫁と待ち合わせをする。しかし、銅像が2か所有り、今一つ場所が把握できない私は、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりする。それにしても、いい歳をしたおじさんが、チョコや、せんべいを持ちながら、うろうろする姿は、まるで小学校低学年並みだ。嫁の姿を発見して、幼い時に迷子になって、親を見つけた時と同じ様な安堵感を得る。その後、街をぶらぶらと歩く。若く、可愛い子が多い。夕食は焼き鳥の大吉に行って、たらふく焼き鳥を食す。昨日のびっくりドンキーといい、私は何故か、ご当地物の食事よりも、全国に有るチェーン店の食事を好む。焼き鳥は美味しかったが、チューハイは今一つだった。

 (Y町)日曜日。学校の近くで新蕎麦の祭りがあるという事で、昼食ついでに向かう。この祭りは、毎年行われており、他府県ナンバーの車も目立つ。蕎麦通には有名で、結構、遠くからも集まるらしい。しかし、年配の方が大半で、残りの1割ほどが家族連れだ。若く、可愛い子など一人もいない。私はあまり蕎麦を好まない為、蕎麦祭りにも関わらず、豚汁と炊き込みご飯を購入する。嫁の蕎麦を一口すするも、私には、どん兵衛天そばの方がよっぽど美味しく感じた。祭りと言えども、所詮は、ど田舎の祭り。メインの見世物といえば、しょぼい蕎麦畑観賞。畑には普段から見慣れている私達は早々と会場を後にした。

変わらない自分

 金曜日。教務達が殆ど、2年生の実習に行っている為、学校には教務主任しかいない。こうなると、自分の怠け癖が出てくるのだ。教務、担任がいない事を尻目に、演習室でダラダラと過ごす。また、学校が終わり、嫁が広島に帰るというので、急遽付いて行く事に。遊びを優先とする自分。何も変わっていない。

 嫁が毎回、このブログを見ているらしく、内容に対して、一悶着が有った。まさか見ているとは思わなかった。

懲りない奴(嫁)

 以前、嫁が実習中に財布からお金を抜かれ、怪しいと睨んでいるクラスメート。そのクラスメート(A子としよう)と私は、3年間でかれこれ5、6回喧嘩をしては仲直りを繰り返していた。陰口が酷く、クラスでも浮いている女だが、どこか憎めない所が有った。しかし、お金が抜かれた件で(どう考えても犯人と特定せざるを得ない)絶縁宣言のメールをし、新学期からは無視をしていた。しかし、嫁の方は、まだ仲良くしようとする節が見え隠れをする。今日も、A子の席に亀虫がおり「私はよう触れな~い。そうだ、〇〇ちゃん(嫁)なら触れるかも。〇〇ちゃーん」と呼ばれ、嬉しそうな顔をして、虫を捕まえに行こうとする姿が。唖然とした。なんて、お人好し、いや、馬鹿なのだろうと。何度も裏切られ、お金を盗まれたのも関わらず、又、お腹の子供がいるのに、無駄な殺生をしようとする姿に、ただ唖然とした。留める事は出来たが…クラスで目立とうとし、からかわれる癖もいまだに直っていない。クラスの大半が、私に苦労しそうねと言う。担任も、あなたがしっかりしないと等、皆と同じ考えのようだ。私自身もそう思う様になってきた。だが、子供だけは何不自由なく育てなければいけない。
記事検索
プロフィール

めちこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ