娘が、小学校で渡されたという原稿用紙を持って帰ってきた。入学式の感想を親が書くとの事。親が書くなんて聞いた事が無いが、何度も確認をすると本当の様。僅か原稿用紙1枚、400文字未満だからすぐに書けるだろう。しかし、失敗は許されないから、ここに下書きをしてから清書をしたい。



入学式を終えて


久しぶりに訪れる母校で、娘が入学式を終える事が出来、親として、感慨深いものを感じた。校歌を覚えていた自分に多少の驚きがあったが、娘の成長の速さに驚いた。もう、小学生である。いや、まだ小学生か。
娘は、私が看護学校を卒業してすぐに産まれた。丁度、桜が満開の時期だった。なので、娘の年齢イコール、私の看護師歴になる。娘は7歳であり、私は看護師歴7年と非常に覚えやすい。
それはさておき、娘はこれから先、様々な事を経験していく事だろう。何も楽しい事ばかりではない。苦しい事、悲しい事もあるだろかう。〇〇小学校で、娘は人間として成長過程を築いて貰いたい。同じように私は立派な看護師として成長をしていきたい。娘と切磋琢磨をし、良いライバル関係として、お互いが成長をしていきたい。



image



せやけど、本当に親が書くんかな?